0x5196
June 4th, 2022

書きかけの歌を書き終える気はない
黒いペンをなくしてしまったから
読みかけの本を読み終える気はない
蛍光灯がちらつくから

遠い笑顔は誰ですか 作り笑いに講じるのです
飽和状態のため息 雲となり雨を降らす

あなたの言葉は信じない 今ここに立っているから
雨に濡れた髪が乾くよ 温い風が吹く

新しい手紙の封を切る気はない
ハサミは持っていないから